チェスカチェアのリプロダクトとオリジナルの違いを徹底解説

チェスカチェアのリプロダクトとオリジナルの違いを徹底解説

当記事では、チェスカチェアのリプロダクト(複製品)とオリジナル(本家)の違いを解説します。

マルセル・ブロイヤーのチェスカチェアは、伝統的な職人技と工業的な手法を融合させたモダンなスチールパイプ製の椅子です。

市場には、オリジナルとリプロダクト品がありますが、外見は似ていても製造元、認証の有無、価格、品質には違いがあります。

購入を検討する際は、これらの違いとそれぞれのメリットを理解しておくことが大切です。

この記事では、チェスカチェアのリプロダクトとオリジナルの主な違いを解説します。

マチ子
マチ子

どちらを選ぶべきか迷っている人はぜひご参考ください。

チェスカチェアのリプロダクトとオリジナルの違い

チェスカチェアリプロダクトとオリジナルの違い、具体的な見分け方について解説します。

製造元と認証の有無

オリジナルのチェスカチェアは、「THONET社」と「Knoll社」が正規販売店として特に有名です。

オリジナルには、デザイナーのマルセル・ブロイヤーの署名、正規品を示す認証マーク(シール)、「THONET社」「Knoll社」のサインが含まれています。

この認証は、製品がブロイヤーのデザインと技術仕様に基づいて製造されていることを保証します。

リプロダクト品は、さまざまなメーカーによって製造され、オリジナルのデザインに基づいていますが、公式の認証やブロイヤーの署名は含まれていません。

価格の違い

チェスカチェアのリプロダクトとオリジナルの価格帯を比較すると以下のようになります。

オリジナルチェスカチェアリプロダクトチェスカチェア
価格帯約162,800円〜262,900円約52,000円〜58,000円
特徴高品質な素材の使用
丁寧な手作業による製造
芸術的価値
オリジナルに基づくデザイン
材料や製造方法を簡略化しコスト削減
大量生産による価格の低減

オリジナルのチェスカチェアは、約162,800円から262,900円の高価格帯で販売されています。

価格には、マルセル・ブロイヤーデザインという芸術的価値、高品質な素材の使用、手作業による製造過程が反映されており、長期的な価値が期待されます。

リプロダクトのチェスカチェアは、より手頃な約52,000円から58,000円で販売されています。

この価格差は、使用される材料の質や製造方法の簡略化、大量生産によるコスト削減によるものです。

リプロダクト品はオリジナルのデザインを踏襲しつつ、コスト削減の工夫がされており、より多くの人々に手が届きやすい価格となっています。

素材と製造方法の違い

オリジナルチェスカチェアリプロダクトチェスカチェア
素材高品質のスチール、本物の籐(ラタン)安価な金属、プラスチックなどの合成材料
製造方法手作業による製造、熟練の職人による細部までのこだわり機械による量産、製造プロセスの簡略化
耐久性長期間の使用に耐え、経年変化で風合いが増す素材の劣化が早い可能性あり
見た目と感触素材の質感が豊かで、手触りや見た目に高級感ありオリジナルデザインを模倣しているが、細かい質感が異なる

オリジナルのチェスカチェアは、高品質のスチールと本物の籐(ラタン)を使用し、耐久性と美しさにこだわりが見られます。長期にわたる使用に耐え、年月とともに風合いが増します。

一方、リプロダクト品はコスト削減を目的として、より安価な素材や合成材料を使用することがあります。籐の代わりにプラスチック製の編み材、スチールの代わりに安価な金属を使用することがあり、見た目はオリジナルと似ていても触り心地や経年変化は異なります。

製造方法においても、オリジナルは熟練職人による手作業での製造にこだわりがありますが、リプロダクト品は量産を目的としており、手作業のみならず機械による生産も行われています。

チェスカチェアのリプロダクトとヴィンテージの違い

チェスカチェアのリプロダクトとヴィンテージ品にもまた、違いがあります。主な違いは以下の通りです。

製造年代の違い

リプロダクト品は最近製造されたものが多く、ヴィンテージ品は過去に製造され、時間を経て風合いや価値が増したものです。

ヴィンテージ品は一般的に20年以上前のものを指します。

製造元のマークやシリアルナンバーを確認することで、どの年代のチェスカチェアであるか判断できます。

状態と風合いの違い

リプロダクト品は新品で使用感や経年変化がありません。ヴィンテージ品は時間の経過による自然な摩耗や風合いがあり、それが独特の魅力を持ちます。

価格の違い

リプロダクト品は一般的に手頃な価格帯です。ヴィンテージ品は希少性やコンディションにより価値が変動し、高価なことがあります。

入手しやすさの違い

リプロダクト品は生産が続いており、入手しやすいですが、ヴィンテージ品は市場に出る数が限られ、見つけるのが難しい場合があります。

チェスカチェアリプロダクトのメリット

リプロダクト品は、オリジナルのデザインを手頃な価格で手に入れられる点が大きな魅力です。

低価格により、より多くの人が有名なデザインを身近に楽しむことができます。

また、現代の製造技術を活用することで、オリジナルにはない新しい機能や改善が加えられることもあります。

オリジナル品が手に入りにくい場合でも、リプロダクト品なら簡単に手に入る点もメリットです。

リプロダクトチェスカチェア取扱店「KuHoN」

画像出典:KuHoN(クホン)

リプロダクトチェスカチェアは、デザイナーズ家具の【KuHoN(クホン)】で販売されています。

  • 1年間の品質保証
  • 全国送料無料(沖縄、離島を除く)
  • 引越しに合わせて購入から2ヶ月間の取り置き保管OK
  • アウトレット品10〜20%OFF

KuHoN(クホン)は全商品をアジア圏および国内で自社製造しており、確かな技術とプロの知識を持つ職人が一つひとつ丁寧に制作しています。

1年間の品質保証がついており、安心して購入できます。

お得なアウトレット品もあるので、チェックする価値ありです。

チェスカチェアオリジナルのメリット

オリジナルのチェスカチェアは、デザインのオリジナリティと芸術的価値が最大のメリットです。

高品質の素材と熟練の技術によって作られたオリジナル品は、長く使用することができ、経年により魅力が増していきます。また、長期的に見て経済的な価値を持つことが考えられます。

本物を持つことは、デザインの歴史や文化を直接体験することを意味します。オリジナルを選ぶことでデザインの保護と継承にも貢献するでしょう。

オリジナルチェスカチェア取扱店「MAARKET」

画像出典:maarket

オリジナルチェスカチェアは北欧家具の「maarket」で販売されています。

オリジナルのチェスカチェアを扱うKnoll Studio(ノル スタジオ)他、アルテック、カール・ハンセン&サンなど、ヨーロッパを中心とした国内外のクオリティの高いブランドが揃っています。

商品購入前のインテリアのコーディネートから購入後のメンテナンスまでサポートが充実しています。

デザインと品質に妥協したくない方はぜひチェックしてみてください。

チェスカチェアの選び方

チェスカチェアは、機能性とデザイン性を兼ね備えた名作椅子として、世界中で愛されています。しかし、いざ購入しようとすると、オリジナルとリプロダクト品の違いや、価格帯の幅広さに迷ってしまうこともあるでしょう。

チェスカチェアを選ぶ際に考慮すべきポイントを以下にまとめました。

使用目的を考える

日常使用を想定する場合、耐久性と快適性が大切です。一方、インテリアとしての価値を重視するなら、デザインや素材の質感が重要になります。

予算で考える

オリジナルは高価ですが、その価値と長期的な投資を考慮する必要があります。リプロダクト品は手頃な価格ですが、耐久性や素材の質が異なる場合があります。

製品の出所と品質保証を確認

オリジナルは確かな品質と歴史的価値があります。リプロダクト品を選ぶ場合は、信頼できる製造元から購入することが大切です。販売元の評判や保証内容を確認し、購入後のサポート体制も確認しましょう。

将来的な価値を検討

オリジナルは時間が経つにつれて価値が上がる可能性がありますが、リプロダクト品ではそのような価値上昇を期待できないことが多いです。

チェスカチェアのリプロダクトがおすすめな人

チェスカチェアのリプロダクトがおすすめな人は以下のような方です。

  • 手頃な価格でデザイン性の高い家具を求めている人
  • オリジナル品には手が届かないが、有名なデザインを自宅で楽しみたい人
  • 頻繁にインテリアを変更する好きで、コストを抑えつつ様々なスタイルを試したい人
  • 賃貸住宅など、短期間での使用を考えている人
  • 日常使いできる丈夫さを求める人
  • 子供やペットがいる家庭で気兼ねなく使いたい人

\高品質なリプロダクトチェア販売店/

チェスカチェアのオリジナルがおすすめな人

チェスカチェアのオリジナルがおすすめな人は以下のような方です。

  • デザインと品質に妥協したくない人
  • 歴史的な価値やデザインのオリジナリティを重視したい人
  • 家具に投資して長期間使用したい人
  • インテリアに特別なアイテムを加えたいと考えている人
  • マルセル・ブロイヤーの作品が好きな人
  • 耐久性と経年変化を楽しみたい人

そもそも「チェスカチェア」ってどんな椅子?

画像出典:maarket

そもそも「チェスカチェア」とはどんな椅子なのか、作者・歴史・椅子の特徴をまとめて紹介します。

工業的なスチールと、籐張りの背と座面が美しいコントラストを織りなすチェスカチェアは、1920年代にデザイナーのマルセル・ブロイヤーによってデザインされました。愛娘の名前にちなんで「チェスカチェア」と名付けられました。

マルセル・ブロイヤーは、チェスカチェアの特許を取らなかったため、現在も多くのリプロダクト品が出回っています。

チェスカチェアは、その革新的なデザインと製造方法により、モダンデザインのアイコンとみなされています。

  • 材料: チェスカチェアは革新的な材料としてスチールを使用し、これにより新しい家具形式が生み出されました。座面や背もたれには籐(ラタン)やファブリックが使用されることが多いです。アームのあるタイプも存在します。
  • デザイン: シンプルで機能的、曲線と直線を組み合わせた形状が特徴的です。フレームは滑らかな曲線を描いており、軽量でありながらも強度を保っています。
  • 快適性: 視覚的にはシンプルながら、座り心地は非常に快適。デザインの中には人間工学に基づいており、長時間座っていても疲れにくい設計になっています。

そのスタイルと機能性は多くの家具デザイナーに影響を与え、オリジナルとリプロダクトの両方で広く愛されています。

チェスカチェアはリプロダクトとオリジナルそれぞれに違いとメリットがある

チェスカチェアを選ぶ際は、オリジナルとリプロダクト品のそれぞれの違いとメリットを理解することが大切です。

購入を検討する際、考えるべきポイントは以下の通りです。

  • 使用目的: 日常使いするか、デザインやコレクションとしての価値を重視するかを明確にしましょう。
  • 予算: オリジナルとリプロダクト品の価格を比較し、予算内で最適な選択を行いましょう。
  • 製造元と品質: 信頼できる製造元から購入し、品質保証やアフターサービスの有無を確認しましょう。
  • 長期的な価値: オリジナルの場合、時間が経つにつれて価値が上昇する可能性を考慮すると良いでしょう。

デザインの歴史や芸術的価値を理解し、ライフスタイルや価値観に合ったチェアを選んでみてくださいね。