ラッシュガードでプールに入るのは禁止?結論:そのまま入っても大丈夫

ラッシュガードでプールに入るのは禁止?結論:そのまま入っても大丈夫

ラッシュガードは日焼け防止・体型カバーに便利なアイテムです。

「ラッシュガードを着たままプールに入ってもいいの?」「着用は禁止されてる?」と不安に思われる方もいらっしゃると思います。

実際は、多くのプールでは問題なく着用できますが、場所によってはルールが異なることもあります。

この記事では、プールでのラッシュガード着用の実情や着用時のマナーについて紹介します。

マチ子
マチ子

実際にプールへ行った際の体験談も載せているのでぜひご参考ください。

ラッシュガードでプールに入るのは禁止されている?

近年、その機能性から注目されているラッシュガードですが、ラッシュガードを着たままプールに入ることは許されるのでしょうか?多くの場合、基本的には問題ないとされていますが、いくつかの注意点もあります。

基本的にはそのまま入って大丈夫

ラッシュガードは、もともとサーフィンやマリンスポーツ用のウェアとして開発されました。

紫外線から肌を守り、体温の急激な低下を防ぐ役割を持つこの服は、プールやビーチでの使用にも適しています。

多くのプールではラッシュガードの着用を認めており、安全かつ快適にプール遊びを楽しむことができます。

禁止されている市民プールもある

しかし、中にはラッシュガードの着用を禁止しているプールもあります。

理由の一つとして、大型のウォータースライダーなどで、ラッシュガードが引っ掛かることによる事故のリスクが挙げられます。

特に長袖やゆったりとしたデザインのラッシュガードで起こり得る問題です。

そのため、プールを訪れる前には、プール側のルールを確認し、ラッシュガード着用が許可されているかどうかを事前に調べておくことが大切です。

マチ子
マチ子

禁止されているプールでは長袖の水着を選ぶなど対策ができますね

禁止されている学校のプールもある

学校のプールでは、生徒の安全を考慮して、ラッシュガードの着用が禁止されていることがあります。

泳ぎやすさや監視のしやすさを理由に、標準的な水着の着用を義務付けている場合があります。

そのため、学校でのプール使用時には、特に注意が必要です。

必要であれば、担任の先生に相談をしてみましょう。

ラッシュガードに関する私の体験談

幼児2人を連れて初めて市民プールへ行った当時、ラッシュガードの存在は知らなかったので持って行きませんでした。

プールへ行ってみると、たくさんのママやお子さんたちがラッシュガードを着ていることに気がつきました。

女性・子供よりは少ないものの、男性で着ている方も少なからずいらっしゃいます。

ラッシュガードを着ていない私たちは、泳いでいるうちに段々冷えていくし、日焼けも気になる…。

後日、ラッシュガードを購入し、その後のプール遊びは格段に快適になりました!

暑さが厳しい近年の夏は、肌を守るためにラッシュガードは必需品であると感じました。

マチ子
マチ子

「プールといえばラッシュガード」は今後の新常識になりそう!

ラッシュガードの役割

ラッシュガードがプールやビーチで人気を集めている理由は、多機能性にあります。主に以下のような役割があります。

摩擦や刺激からの保護

ラッシュガードは、名前が示すように、肌を摩擦や物理的な刺激から守る役割も持っています。

サーフィンやボディボードなどのマリンスポーツをする際、ボードの表面や海の砂などによる肌の擦り傷や発疹を防ぐために有効です。

また、プールの壁や床との接触による肌の擦り傷を減らすことができます。

日焼け防止

ラッシュガードの最大の特徴は、高い紫外線防止効果(UPF値)を持っていることです。

紫外線から肌を守り、日焼けによる肌ダメージを軽減するため、長時間のアウトドア活動に適しています。

特に夏の強い日差しの下では、日焼け止めだけでは不十分なこともあり、ラッシュガードが有効な対策となります。

体型カバー

体型に自信がない、露出を控えたいという人にとって、ラッシュガードは理想的な選択肢です。

身体のラインを自然にカバーしてくれるため、プールやビーチでのリラックスした時間を楽しむことができます。

デザインもたくさんあり、、ファッションの一部としても楽しむことが可能です。

冷え防止

水中や水辺では、体温が奪われやすいですが、ラッシュガードは体温の急激な低下を防ぐ役割を担います。

特に水温が低い場所や長時間水に触れる活動では、体を冷えから守り、快適に過ごすために役立ちます。

速乾性のある素材で作られているため、水から上がった後もすぐに体を乾かすことができます。

ママ&キッズにおすすめラッシュガード6選

ママ&キッズにおすすめのおしゃれなラッシュガードをタイプ別に紹介します。

パーカータイプ

パーカータイプのラッシュガードは、簡単に着用できる手軽さが魅力です。フード付きで、頭部や首筋の日焼けも防げます。通気性が良く、さっと羽織ることができるので、プールサイドやビーチでの休憩時にも便利。軽量で持ち運びやすいため、子連れの方におすすめです。

ジャケットタイプ

ジャケットタイプは、前開きのデザインで着脱が簡単です。水着の上からさっと羽織れて、紫外線カットはもちろん、風を防ぎ体温の急激な低下を防ぎます。スタイリッシュなデザインが多く、プールサイドでもおしゃれに着用できます。

水陸両用ハーフパンツタイプ

水陸両用ハーフパンツタイプのラッシュガードは、水中でも陸上でも快適に過ごせる多機能性を備えています。速乾性が高く、水から上がった後もすぐに乾きます。遊泳はもちろんのこと、水辺のレジャーやスポーツにも適しています。

レギンス・トレンカタイプ

レギンス・トレンカタイプのラッシュガードは、足を全面的に覆うことで、日焼けや擦り傷から守ります。伸縮性に富んでおり、動きやすさが特徴です。水中での活動はもちろん、ビーチでの遊びやウォータースポーツにもおすすめです。

キッズタイプ

キッズタイプのラッシュガードは、カラフルで楽しいデザインが多く、耐久性があり、子どもたちの激しい遊びにも耐えることができます。日焼け防止や体温保持の機能もしっかり備えているので、子連れのプールやビーチで大活躍するでしょう。

ラッシュガードをプールで着用する時のマナー

ラッシュガードをプールで着用する際には、以下のマナーを守ることが大切です。

プール側のルールを確認する

まずは、訪れるプール側のルールを事前に確認することが大切です。

ラッシュガードの着用が許可されているか、また特定の種類のラッシュガード(例えば、長袖や色の規定など)に制限がある場合もあります。

これにより、場違いな装いで恥ずかしい思いをすることを避けるとともに、プールのルールを尊重することができます。

他にも腕時計着用が不可、帽子着用必須などいろいろなルールがあります。

清潔なラッシュガードを着用する

プールは多くの人が共有する公共のスペースです。そのため、衛生的な環境を保つためにも、清潔なラッシュガードを着用することが求められます。使用前には必ず洗濯をし、プールに入るたびに清潔な状態を保ちましょう。

禁止されている場合は着用を避ける

プール側がラッシュガードの着用を禁止している場合は、ルールを守る必要があります。

禁止されている理由は様々ですが、安全性の問題や衛生上の懸念が多く、これらのルールはすべての利用者のことを考えてのことです。

もし着用が禁止されている場合は、代わりの適切な水着を選ぶようにしましょう。

結論:ラッシュガードでそのままプールに入っても大丈夫!

多くのプールではラッシュガードの着用が許可されていることがわかりました。

プールによってはラッシュガード着用に制限がある場合もあるため、事前にルールを確認することが大切です。

適切なラッシュガードを着用し、マナーを守ることで、快適に遊ぶことができますよ。

ご家族にぴったりのラッシュガードを見つけて、プール遊びを楽しんでくださいね。