ルイスポールセンの本物とリプロダクトの違いを徹底比較!一生もの?それともコスパ重視?

ルイスポールセンの照明には、本物(オリジナル)とプロダクト(模倣品)が存在します。

本物の価格帯は10万円以上と高価であるため、手が出しづらい人も多いはず。

そこで注目されているのが、本物の約3分の1の価格のリプロダクト品です。

見た目は本物とよく似ていますが、外観、構造、機能、品質、値段など、さまざまな面で違いがあります。

当記事では、ルイスポールセンの本物とリプロダクトの違い、それぞれのメリット・デメリットを詳しく解説します。

マチ子
マチ子

本物とリプロダクトどちらを選べば良いか迷っている方はぜひご参考ください。

ルイスポールセンの本物とリプロダクトの違い

ルイスポールセンの本物とリプロダクト品にはどのような違いがあるか、具体的に解説します。

ルイスポールセンの照明をなるべく安く購入したいという方は「ルイスポールセンの照明を安く買う方法4選!アウトレットを活用しよう」の記事も読んでみてください。

ルイスポールセンの照明を安く買う方法4選!アウトレットを活用しよう ルイスポールセンの照明を安く買う方法4選!アウトレットを活用しよう

外観の違い

本物リプロダクト
デザインの再現度オリジナル本物を模倣している
仕上げの質高品質で美しい仕上げ粗雑な部分がある
細部へのこだわり細部にまでこだわり細部の再現が甘い
ガラス部分フロスト加工されている無加工が一般的

本物とリプロダクト品の外観は、一見すると区別がつきにくいほど似ています。

本物はデザイナーのオリジナルであり、細部にまでこだわりが詰まっています。

ガラス部分はフロスト加工されており、光を拡散させ、明るく、やわらかな光を放ちます。

一方、リプロダクト品は本物の模倣に過ぎず、細部の再現が甘いことが多いです。

ガラス部分も無加工であることが一般的で、仕上げも粗雑な傾向があります。

デザインは似ていても、デザインに詳しい人なら一目で違いがわかるでしょう。

マチ子
マチ子

質の高いリプロダクト品であれば、見た目の違いを感じにくい場合もあります。

構造・機能面の違い

本物リプロダクト
光の拡散具合適切な明るさと柔らかい光光が直接目に入ってしまう場合がある
組み立て・メンテナンス性電球の取り付け・交換がスムーズ電球の取り付け・交換に手間がかかる場合がある
耐久性長年使用可能耐久性に劣る

本物は照明デザイナーの意図を反映した構造となっているため、光の拡散具合が適切で、目に優しい柔らかい明るさが特徴です。

一方、リプロダクト品は光が直接目に入ってしまう場合があります。

また、本物は電球の取り付けや交換がスムーズにできるよう設計されていますが、リプロダクト品は上蓋を外す必要がある場合があり、メンテナンス性に劣ります。

本物は高品質な素材を使用し、丁寧な製造工程を経ているため、長年の使用に耐える耐久性がありますが、リプロダクト品は安価な素材を使うため、耐久性が低下してしまいます。

本物の方が照明デザイナーの意図を反映しており、使い勝手や耐久性に優れています。

品質の違い

本物とリプロダクト品の最も大きな違いは、品質面でのこだわりの有無です。

本物は高品質な素材を使用し、一つひとつ丁寧に作られています。

製造工程でも品質管理が行き届いており、細部にまでこだわりが注がれているため、美しい仕上がりと高い耐久性を実現しています。

一方、リプロダクト品は安価な素材を使用し、製造工程も手抜かりがちです。

本物のようなこだわりはなく、コストを抑えることが最優先されます。細部の仕上げが粗雑になったり、耐久性に劣ることがあります。

本物のデザインを再現するのは簡単ですが、品質面でのこだわりを再現するのは非常に難しいのが実情です。

価格の違い

本物とリプロダクト品の価格差は以下の通りです。

製品名本物リプロダクト
PH5 ペンダントランプ約15万円約5万円
PH3/2 テーブルランプ約14万円約2万円
AJ フロアスタンド約18万円約8万円
パンテラ ポータブルランプ約7万円約1万円

リプロダクト品は本物の約1/3程度の価格で購入できます。

価格差が生まれる理由は、本物が高品質な素材を使い、丁寧に作られているためです。

一方のリプロダクト品は、安価な素材と製造工程を採用することでコストが大幅に抑えられています。

価格が高くても本物の品質とデザインを重視する人もいれば、コストパフォーマンスを重視してリプロダクト品を選ぶ人もいるでしょう。

マチ子
マチ子

価格差は両者の大きな違いであり、購入を検討する上で重要なポイントになります。

ルイスポールセンの本物のメリット・デメリット

本物のルイスポールセン照明のメリット・デメリットは以下のようなことが挙げられます。

メリット

  • 高品質な素材を使用し、丁寧に作られているため一生物になる
  • デザイナーの意図が反映されており、適切な光の拡散と美しい仕上がり
  • 細部にまでこだわりがあり、見えない部分も丁寧に作られている
  • メーカーによる保証やアフターサービスが受けられる
  • 照明デザイナーの思想や価値観を大切にした本物の価値がある

デメリット

  • リプロダクト品に比べて高価格
  • 人気のモデルは入手が難しい

本物は高価ですが、それだけの品質とデザインへのこだわり、機能性が備わっています。

長く使い続けられる耐久性に加え、デザイナーの意図が反映された美しさと上質な空間を実現できるのが大きなメリットです。

また、メーカーの保証を受けられるのも安心材料になります。本物を選ぶことで、照明デザインの本来の価値を最大限に引き出せます。

ルイスポールセン正規販売店なら「ラ・ヴィータ」

公式サイト:https://lavita-shop.jp/

ラ・ヴィータの特徴

  • 返品交換7日間無料
  • 3年間保証付き(メーカー保証1年+2年)
  • 白熱電球(150W)プレゼント
  • コードの長さ調節ができるコードリールプレゼント
  • 購入後でもコード加工(カット・延長)対応
  • 営業時間外も電話やメール対応

ルイスポールセンのリプロダクトのメリット・デメリット

リプロダクト品のメリット・デメリットは以下のようなことが挙げられます。

メリット

  • 本物に比べて手が届きやすい価格帯
  • 短期的な利用に適している
  • 予算に合わせて選択できる
  • デザインが気に入っていれば満足できる

デメリット

  • 品質面で本物に及ばず、耐久性に劣る
  • 細部の仕上げが粗雑
  • 光の拡散具合が本物ほど優れていない
  • メーカーによる保証やアフターサービスがない
  • 「偽物は恥ずかしい」と批判される場合もある

リプロダクト品の最大のメリットは、価格の安さです。本物の約1/3程度の価格で購入できるため、予算に合わせて選ぶことができます。

デザインが気に入っていれば、低価格でそのデザインを楽しめるのは大きな利点です。

デメリットは品質面での劣化です。安価な素材を使い、製造工程も手抜かりがちなため、耐久性が本物に及びません。細部の仕上げも粗雑になりがちです。

ルイスポールセンの本物がおすすめな人

ルイスポールセンの本物がおすすめな人は以下のような人です。

  • デザインだけでなく、品質や機能面でも妥協したくない人
  • 長く使い続けたい人
  • コストよりも価値を重視する人
  • メーカー保証やアフターサービスを重視する人
  • 高級感のある上質な空間を求める人

本物は細部にまでこだわりがあり、光の質も優れ、長年使い続けられる耐久性を備えています。

上質な空間とデザインの価値を最大限に引き出すことができるため、高価格であっても選ぶ価値はあります。

ルイスポールセンのリプロダクトがおすすめな人

ルイスポールセンのリプロダクトがおすすめな人は以下のような人です。

  • コストパフォーマンスを重視する人
  • 予算が限られている人
  • 長期的な使用よりも、トレンドに合わせて入れ替えることを想定している人
  • 本物ほどの品質は求めていない人

リプロダクト品は本物の約1/3の価格で購入できます。外観はよく似ているので、デザインが気に入っていれば十分に満足できるでしょう。

ただし品質面、耐久性は本物に劣ります。予算とコストパフォーマンスを重視する人におすすめです。

ルイスポールセンの本物とリプロダクトには異なる魅力がある

本物を選ぶべきか、リプロダクト品で良いかは、個人の価値観や用途によって判断が分かれます。

リプロダクトの特徴は以下の通りです。

  • 本物に比べて格段に安価
  • 外観は似ているが、機能面や品質面で本物に及ばない
  • 光の拡散具合や細部の仕上げが粗雑
  • メーカー保証やアフターサービスがない
  • 耐久性が低く、長期的な使用には不向き

本物の特徴は以下の通りです。

  • 高品質な素材と丁寧な作り
  • デザイナーの意図が反映された機能と美しさ
  • メーカーの保証とアフターサービスが受けられる
  • 長年の使用に耐える耐久性

コストパフォーマンスを重視するならリプロダクト品で十分かもしれませんが、本物の品質とデザインを重視するなら本物を選ぶべきでしょう。

自身のニーズや価値観を踏まえ、メリット・デメリットを検討することが大切です。